TADANORI YOKOOのカレンダー

横尾 忠則(よこおただのり、男性、1936年6月27日 - )は、兵庫県西脇市生まれの美術家、グラフィックデザイナー。

神戸新聞社にてグラフィックデザイナーとして活動後、独立。1980年7月にニューヨーク近代美術館にて開催されたピカソ展に衝撃を受け、その後、画家宣言。以来、美術家としてさまざまな作品制作に携わる。

主な代表作品は『Persona Exhibition』ペルソナ展 1965 Poster
c0181050_11144866.jpg

この作品は人格展示会という過去の自分を埋葬すると同時に未来の自分を再生させるという願いと意味があったが、同時にモダニズム・デザインへの決別宣言でもあった。

そしてこれがTADANORI YOKOOのカレンダーです。
印刷される前の指定紙がついた過程がご覧いただけます。
c0181050_11325153.jpg

c0181050_11321819.jpg
c0181050_11333889.jpg

[PR]
by lemon_and_lemon | 2009-01-26 11:36 | デザイン