嵐山 天竜寺

花がたくさん咲いていて、とってもきれいな庭園でした。

c0181050_1812986.jpg
c0181050_18135015.jpg
c0181050_18123983.jpg
c0181050_18125935.jpg


<歴史>
京都五山の第一位であるこの寺は、霊亀山天龍資聖禅寺(れいぎざんてんりゅうしせいぜんじ)といい、1239(暦応2)年に吉野で不遇の中に崩御された後醍醐天皇を慰めるために、足利尊氏が高僧夢窓国師を開山として、嵐山を背景とする亀山離宮を禅寺にあらためたのがはじまりである。 天皇が幼少の頃を修学に過ごされた地に、敵味方の別なく南北両朝の戦死者の英霊を慰めること、「怨親平等の精神」もこの寺の開創の目的であった。 これまで長く中絶していた中国との貿易を再開して、その利益をこの寺の建立資金とした夢窓国師の、この造天龍寺船による貿易事業は、その後も室町時代を通じて行われ、わが国の経済や文化に寄与するところが多かった。 創建以来650余年、その間に8度も兵火にかかって今は殆ど古建築をみることができない。(寺院案内パンフレットより)

拝観時間 8:30 ~ 17:30  
閉門時間の30分前拝観終了:11月~3月は17:00閉門
拝観料
大人、大学生、高校生 500円
中学生 300円 小人  300円
幼稚園児以下無料

本堂参拝の場合は100円追加
[PR]
by lemon_and_lemon | 2009-04-07 18:16 | 京都